家庭特別委員会の 設置と役割について

{設置の経緯と目的}家庭が教会と社会の基礎単位であり要であるということは、誰もが認めるところです。実際、教会あるいは社会を構成している一人ひとりの人格は、まず家庭で、特に親、さらには兄弟とのかかわりの中で育まれます。そして、人と人との愛に満ちたつながりこそが、人のいのちであり、支えであり、真の幸福のもとなのです。ところが、どの家庭も大なり小なり問題や課題を抱えていますが、中でも人格形成に最も重要な役割を果たすはずの、夫婦、親子、兄弟のつながりが希薄になり、あるいは破綻している家庭が増えていま、カトリック信者の家庭も例外ではありません。

て、家庭を支援するために、2001年度に教区の諸委員会の一つとして「家庭委員会」が設置さ      髙見三明大司教                        れ、さらに2009年度の教区組織再編で、福音化推進部の中の「家庭福音化担当部」となりました。

しかし、家庭の重要性がますます高まる中で、それに対応する特別な委員会の必要が求められました。そこで、2011年度をもって、本部事務局直轄の「家庭特別委員会」を設置することにしました。それは、家庭がキリストの福音によって生かされて本来の姿を取り戻し、あるいは発展させ、さらには周囲の人々に福音の精神を分かち合うことができるよう助けるためです。(言の波54号より) 


役割1・・・家庭の実情の把握

家庭の実情の把握 }

 まずは、家庭の状況が複雑になっていますので、それを絶えず把握する必要があります。信仰の立場から見ると、家族全員がカトリック信者の家庭もあれば、一部2・の人だけがカトリック信者という家庭もあります。世代の点から見ると、一世代だけ、二世代以上の家族、夫婦だけ、一人暮らしの人もいます。社会状況は、都市部と地方では異なります。母子家庭、父子家庭があります。就業状況も、親あるいは子だけが働いている場合、親が共働きの場合、自営業、無職、年金暮らしなどさまざまです。  


役割2・・・家庭の福音化のための活動 

{ 家庭の福音化のための活動 } 

() 福音に基づく家庭生活への準備 

 

  (a)堅信式を準備する人たちが、性、いのち、結婚、家庭などについても学ぶことができる 

   よう、ふさわしいテキストを作成する。

 

  (b)結婚をひかえた人たちのために結婚講座を企画し、実施する。

 

 

            () 家庭が福音の精神に生かされ、周囲を福音の精神で生かすことができるための支援 

 

  (a)家族間のつながりを信仰と愛に満ちた、より強く、より暖かいものにするのを助けるた 

   めに、たとえば、黙想会あるいは研修会を企画・実施する。

 

  イ・ 対象は

     夫婦(マリッジ・エンカウンター)、 ② 家族全員、③ 高齢者、④ 独身者、

     ⑤ 別居中あるいは離婚した人など 

    ロ・ 内容は

                             聖書と教会の教えに基づく、① 自然に即した家族計画、② 家族のあり方、 離婚の問題 

                       ど。 

(b) 教区の諸委員会あるいは教会裁判所、専門家、学校、諸運動などの協力を適宜に要請し、彼らと連携する。

 

イ・ 信仰養成に関しては

① 典礼委員会の協力を得て、祈りの環境づくり(家庭祭壇の設置など)を促進し、家族揃っての祈りを推進する

  信仰教育委員会と共に、魅力ある信仰教育のあり方を探り、子どもの教会離れの原因を究明し対策を練る。

③ 青少年委員会と協力して、若者が性、いのち、結婚、家庭などに関して学ぶ場をつくる。

④ 生涯養成委員会とともに、聖書の朗読と分かち合いを奨励し、小共同体への参加を推進する。  

 

ロ・ 社会の福音化推進のために、

① 諸宗教委員会の協力を得て、ほかの宗教とのかかわり方を学ぶ。

② 人権委員会、必要に応じて関連機関とも連繋して、人権意識の啓

③ 福祉委員会とともに、家族の中の障害者や病人や高齢者に対して全員が思いやりをもって介護や世話ができるよう支援 

  し、ゴミの仕分け、節水などを通して、環境を大切にする教育をするよう親を激励し、独居老人の世話、ビンセンシオ

  会、レジ  オ・マリエなどへの参加を勧める。

④ 平和推進委員会とともに、平和の道を学ぶ。

 

ハ・ 教会奉仕者等養成に関して、

① 召命促進委員会とともに、家庭を召命の最初の苗床にするためになすべきことを実践する。

② 神学生養成委員会とともに、神学生への支援(祈り、犠牲、献金)を継続する。

 

      家庭の課題は多岐にわたっていますが、教皇庁家庭評議会を参照しながら、積極的に

    向き合って参りたいと思います。皆様方のご理解とご協力をお願いします。